中国地区の異形棒鋼の市中相場は引き続き安値に広がる展開。直送(SD295ベース)=6万4千~5千円と3千円方下押しした。在庫(同)=7万5千~6千円で横ばい。 東京製鉄が4月販価を7千円と大幅引き下げしたことで、市中は下落局面へと傾いている。直送では3千円方下落し、もう一段の公算もある。中国地区を挟む大阪・九州地区の下げ足が早く、扱い先では...