カラーガルバリウム鋼板薄物類は様子見横ばい。表面処理鋼板メーカーの値上げは市場にある程度浸透している。 越年前後はゆったりしていたが、1~2月は思わぬ物件のずれ込みが生じた。3月に入り受注残はあるものの、新型コロナで世間のムードや経済活動が縮小している。足元の荷動き自体に影響は見られないものの、今後地域経済にボディブローのように効いてくるだ...