大同特殊鋼グループの磨棒鋼メーカー、下村特殊精工(本社・千葉県市川市、社長・安田保馬氏)は非鉛快削鋼の販売を強化する。昨年から鉛フリー化に向けたニーズが高まっており、サンプル在庫の販売を開始。RoHS規制の改正に照準を合わせて高機能部材の拡販を進める方針だ。 在庫した非鉛鋼種は、ステンレスがフェライト系の「SF20F」、マルテンサイト系が「...