米留学時に「日本らしさ」を求める声に応えられなかったとの思いから、アイデンティーを模索。そんな時期に地元・福山で日本の伝統芸能である「能楽」と出会って以来15年間、大島喜多流に師事。一線を退いても続けられる自己修練と位置付け「可能ならいつかお能を披きたい」と生涯の目標を語る。 能を通じ「トップが自身の内側に多様性を持つこと」で社内改革の発露...