2020年度以降は売り上げの柱となっていたセグメント商品がピークアウトすると共にオリンピック後の需要減退リスクもあり、厳しい環境に転じると思われる。『うまい、早い、適切な価格』の商品力を実現し収益基盤を強化したい。昨年は成長戦略とグループ運営一体化としてのフェンス事業の抜本的な変革をスタートした。フェンスからガードレールまでのワンストップ営...