異形棒鋼はこう着した相場展開。直送ベース=6万8千円を中心にもち合い商状。 鉄スクラップ市況はジリ安に推移しているが、メーカーの価格重視の姿勢は変わらず、相場は横ばいに推移している。市中では「原料以外の運送費や副資材などのコスト高で、メーカーは値上げこそすれ、値下げには全く応じそうにない。ゼネコンの指し値は厳しいが、安値には対応しにくい」(...