地区の4月の市況動向は、方向感を見定めがたい状況が続きそう。メーカー生産が堅調な一方、店売り市場では一服感が出ている。輸入玉も価格的には下がらず、荷動き、市中在庫と価格動向がマッチしない状況。扱い筋には違和感も出ている。建築関連の諸資材動向に落ち着きが出てくれば、需要面にも円滑な動きが出てきそう。