関東地区は、亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品類ともに横ばい基調が続こう。 亜鉛めっき鋼板類は、住宅向けがメインのカラー薄番手は精彩を欠く。例年は年度末に向けて新築戸建てや集合住宅などが最盛期を迎えるが、今年度はさえない展開が続いている。補修向けについても昨秋の台風被害の需要が一服しており活況感に乏しい。一方、非住宅向けは物流倉庫などが堅調に推...