全国鉄鋼販売業連合会(全鉄連)が定例の各地区業況アンケートを基にまとめた1月分の21品種別需給状況によると、独自で算出した市中玉の不足感から過剰感を引いた景況感指数「DI」は、総計が前月比4ポイント減の10だった。品種別ではコラムがさらにひっ迫した。 DI値が1以上で不足気味なのは、前月より七つ少ない9品種。内訳は条鋼建材が3品種、鋼板類5...