昨年11月以降の中国における薄中板の先物取引価格の修正安場面をきっかけに、国内の当該品種市況も頭打ちの様相を呈している。それ以前から市中の荷動き停滞と在庫調整遅れで上伸力を欠いていた中で中国価格の潮目変調は、国内相場形成に多大な影響を及ぼすだけに、年が明けた今もその動向が慎重に見極められている。国内メーカーに薄中板販価を下げる雰囲気がない分...