中部磨棒鋼協同組合がまとめた組合員各社の18年12月の磨棒鋼・冷間圧造用鋼線合計の生産は、10、11月と同様にわずかに前年実績を下回り、1・6%減の3万3934トンだった。減少幅は2%未満と小さいものの、3カ月連続で前年割れとなったことから、需要が減少傾向に転じた可能性もありそうだ。 前月と比較すると、トヨタの日当たり生産台数が350台程度...