一般鋼材市況は今週も引き続き強基調の見通し。H形鋼や異形棒鋼など条鋼建材製品は年明け後も原料鉄スクラップ市況が軟化しているものの、メーカーは副資材や輸送費など諸コスト高から販売姿勢を緩めていない。 特約店各社としても、昨年来の断続的なメーカー値上げによる仕入れ値高分の価格転嫁に向け高唱えの浸透を図っており、売り腰は引き締まったまま。 コラム...