鉄スクラップは弱横ばいで、H2=1万9千~2万円、足元のメーカー購入値は同=2万9千~3万円で推移。 東京製鉄・岡山工場が8日から買値を引き下げたものの、関西メーカーはそれにほとんど連動していない。「下げ止まりとは言えないが、下げ一服感はある」(商社筋)との声が聞かれ、相場は下げ懸念が徐々に薄らぎつつあり、様子見商状で推移することになりそう...