Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2015年04月21日のヘッドライン

2015年04月21日 06:00更新

14年度全国粗鋼、3年ぶり減の1億985万トン

 日本鉄鋼連盟が20日発表した生産速報によると、2014年度の国内粗鋼生産量は前年度比1・5%減の1億985万トンとなった。5年連続で1億トンを突破したが、1億1千万トンにはわずかに届かず、3年ぶりに前年度実績を下回った。鋼材生産量も同0・8%減の9702万トンと、3年ぶりのマイナス。

2015年04月21日 06:00更新

東京製鉄、5月販価を6カ月連続据え置き

 東京製鉄は20日、5月契約の製品販売価格を全品種で前月比据え置くと発表した。据え置きは6カ月連続。国内は新年度入りで「条鋼類に荷動き好転の兆しがあり、今後の需要は堅調に推移する」(今村清志常務営業本部長)としたほか、鋼板類も「メーカー各社の減産で需給はいずれミートしてくる」との見方を示した。一方、海外市場には依然先行き不透明感があるとした。同社では引き続き需要見合いの生産に徹し、需給バランスの維持に努める考え。

2015年04月21日 06:00更新

「挑戦する人材を求めて−神戸製鋼グループの取組み」=川崎社長、会社説明会で初の講演

2015年04月21日 06:00更新

鉄鋼業界首脳、宮沢経産相らと意見交換。「低廉な電力、安定供給を」

 日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)、進藤孝生副会長(新日鉄住金社長)、川崎博也副会長(神戸製鋼所社長)らは20日、東京都内で宮沢洋一経済産業相ら経済産業省幹部と懇談し、鉄鋼業界の現状を説明するとともに、低廉な電力・エネルギーの安定供給などを要望した。地球温暖化対策では、近く政府がまとめる約束素案について、国際的な公平性や実現可能性、国民負担の妥当性を考慮してほしいと訴えた。

2015年04月21日 06:00更新

東京製鉄、宇都宮で鉄スクラップ購入値1000円上げ

2015年04月21日 06:00更新

イシグロ子会社の五光商會、配管資材販売の「中部機材」買収

2015年04月21日 06:00更新

JFEの柱材用高強度厚板、新宿の新築ビルに初採用

2015年04月21日 06:00更新

関西の鉄スクラップ電炉買値、ダライ粉が500円下落

2015年04月21日 06:00更新

マサカツ鋼材、カンボジアで建材・産機生産

2015年04月21日 06:00更新

東京市場=異形棒鋼は値動き不冴え

過去記事検索
過去記事検索



Copyright 2014 japanmetaldaily All Rights Reserved.