Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
検索フォーム

  • RSS

鉄鋼ニュース

2014年09月03日のヘッドライン

2014年09月03日 06:00更新

関西の電炉鉄筋メーカー、2000円超値上げへ

関西地区の鉄筋用棒鋼メーカーが値上げに動きだした。すでに一部メーカーが商社に対して9月から2千円値上げを提示してきたほか、他メーカーも今週から来週にかけて2千〜3千円値上げを提示する見込みだ。このため商社など流通もゼネコンなど需要家に対して見積もり価格を2千〜3千円引き上げた。

2014年09月03日 06:00更新

鉄鋼原料価格が軟調。鉄鉱石・3期連続下げ、原料炭も需給緩和

鉄鉱石、原料炭価格の軟調が続いている。10〜12月積み価格(本船渡し)は、鉄鉱石(62%粉鉱)が約14%安の1トン当たり85ドルでほぼ決着、3期連続の値下げとなった。原料炭の交渉はこれからだが、需給緩和傾向が続く中で、値下げを軸とした交渉となる可能性が高い。鉄鋼原料をめぐっては、最大の輸入国、中国の輸入動向が価格を左右する構図は変わっていないが、このところの軟調推移の背景には、増産を続ける鉄鋼原料メジャーの販売政策もあるとみられる。

2014年09月03日 06:00更新

ハイテン化進む車用鋼材、CCなど流通加工筋の加工賃見直し急務

自動車の燃費向上、衝突安全性向上などを目的とした軽量化が進む中、ハイテン鋼などを扱うコイルセンターや鋼管加工メーカーなどでは、加工の難易度に見合ったエキストラ価格が得られずに加工側のコスト負担増となるケースが出てきた。切断や切削工具の損耗が激しく、加工設備への負荷も増すため、扱い筋では「加工賃の割り増しは絶対必要」としている。電力・石油などのエネルギー価格が上昇を続け、コスト負担増要因が相次ぐ中でのさらなる負担増として、今後、対象業種で問題がクローズアップされてきそうだ。

2014年09月03日 06:00更新

新日鉄住金と印タタ合弁の開所式で現地記者会見

2014年09月03日 06:00更新

エヌティスチール、薄物スリット加工を強化

2014年09月03日 06:00更新

「脚光浴びる『システム建築』」〈新日鉄住金エンジ〉=大規模建築物、「標準化」で新段階へ

2014年09月03日 06:00更新

「新社長」〈京浜産業・酒匂雅喜氏〉=厚板溶断で関東ナンバーワンに

2014年09月03日 06:00更新

佐渡島、タイのプレス工場稼働

2014年09月03日 06:00更新

「JFEスチール−品種別戦略」〈薄板セクター長・小林専務〉=収益改善が喫緊の課題

2014年09月03日 06:00更新

東京市場=ニッケル系ステンレス薄板は荷動き改善期待高まる

過去記事検索
過去記事検索 日  



Copyright 2008 japanmetaldaily All Rights Reserved.