Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2016年02月15日のヘッドライン

2016年02月15日 06:00更新

JFE、中国・東南アジアで為替リスク軽減。JFEスチールなど借入れを現地通貨建てに

 JFEグループは、新興国通貨の為替変動リスクを軽減するため、海外現地法人や海外事業会社の借り入れに対する為替リスク対策を進めている。中国や東南アジア地域などのJFEスチールやJFE商事の現地法人・事業会社でドル建ての借り入れを現地通貨建てに借り換えることのほか、為替予約(手数料を払う形で、将来の為替換算レートを確定すること)を使うことでリスクをヘッジする手法も活用する。

2016年02月15日 06:00更新

「16年鉄鋼春季交渉―新日鉄住金・佐藤常務執行役員」=過剰生産など逆風の経営環境勘案

2016年02月15日 06:00更新

鉄鋼春闘スタート、労組が要求提出

2016年02月15日 06:00更新

鉄鋼輸出、急激な円高が懸念材料に。ホット市況の値上がり相殺

 鉄鋼輸出で、不安定な為替が新たな懸念材料になってきた。新日鉄住金やJFEスチールは1〜3月期に1ドル=120円程度を想定し予算を組んでいるが、為替市場はここ半月で120円台から一時は110円にまで円高に振れるほど荒い動きを見せている。安全資産として買われる円の独歩高となれば「海外ミルとの競争で不利になりかねない」(高炉メーカー輸出幹部)と不安視されている。

2016年02月15日 06:00更新

キッツと東亜バルブエンジ、バルブ事業で資本業務提携

2016年02月15日 06:00更新

関西地区形鋼市況、1000円下落

2016年02月15日 06:00更新

鉄骨・橋梁ファブ上場8社の4〜12月期、6社増益・黒字化

2016年02月15日 06:00更新

大日製罐、滋賀に新工場

2016年02月15日 06:00更新

鉄スクラップ電炉買値、関東地区で500〜1000円上げ

 関東地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格が反発した。堅調な船積みで湾岸価格が上昇する中、10日の関東鉄源協同組合による輸出入札がメーカー買値を上回る高値で落札。11日から東京製鉄宇都宮工場が買値を500円引き上げたことを受けて、その他メーカーも500〜1千円の値上げに動いた。12日時点でメーカー実勢購入価格(H2)は1万5500〜6千円どころ。為替の円高傾向が不透明要因とされるが、目先の市況は湾岸主導で高値寄りの展開が見込まれる。

2016年02月15日 06:00更新

東京市場=今週の鉄スクラップは高値寄り推移か

過去記事検索
過去記事検索



Copyright 2014 japanmetaldaily All Rights Reserved.