Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

2019年05月22日 00:00更新

【アルミニウムチャイナレポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alu2019 lwa2019

 今年も上海でアジア最大級のアルミニウム産業展「アルミニウムチャイナ」が開催される。また昨年併催されたアジア自動車軽量化展も参加者からの好評を受けて、開催されることが決まった。中国や東・東南アジアをはじめとする世界各国から約2万人が訪れる同展示会の昨年度レポートを紹介するとともに、今年の見どころなどを紹介する。
〈2018年の展示会レポート〉
 昨年7月に開催されたアルミニウムチャイナ2018には、過去最高の2万4789人が来場するなど大きな盛り上がりを見せた。また出展側もUACJや日軽金アクトといった日本のアルミ圧延メーカーがブースを設置したほか、欧米系としては米ノベリスや蘭コンステリウムが現地法人を活用して自社製品を出展。中国企業としては常連の中国★業や南南★加工、河南中孚実業に加え、民間大手の南山★業が久しぶりに参加した。いずれの企業も、得意とする自動車材や缶材、建材、デジタル向け材料など幅広い製品をPRした。
 また初開催となったアジア自動車軽量化展2018にはアルミメーカーだけでなく、宝山鋼鉄などの中国鉄鋼メーカーもブースを置き、自動車用鋼板をアピールした。
※ ★は金偏に呂

「アルミニウムチャイナ2018 弊紙掲載記事」(※画像クリックでPDFを表示できます)
鉄鋼新聞記事
〈2019年7月、上海でアルミニウムと自動車軽量化の産業展が開幕〉
 今年は7月9〜11日の3日間、前回と同じ上海新国際博覧センターで「アルミニウムチャイナ2019」と「アジア自動車軽量化展2019」が併催される。すでに日軽金アクトなどの日系企業が参加するほか、欧米、中国メーカーも続々と参加を表明している。最終的には500以上の企業・団体が参加し、昨年を上回る2万5千人の来場が見込まれている。
「アルミニウムチャイナ2019 弊紙紹介記事」(※画像クリックでPDFを表示できます)
鉄鋼新聞記事

「アジア自動車軽量化展2019 弊紙紹介記事」(※画像クリックでPDFを表示できます)
鉄鋼新聞記事

製品・技術紹介おススメの新製品や最新技術などを紹介します

2019年05月22日 00:00更新

【アルミニウムチャイナレポート】

alu2019 lwa2019

 今年も上海でアジア最大級のアルミニウム産業展「アルミニウムチャイナ」が開催される。また昨年併催されたアジア自動車軽量化展も参加者からの好評を受けて、開催されることが決まった。中国や東・東南アジアをはじめとする世界各国から約2万人が訪れる同展示会の昨年度レポートを紹介するとともに、今年の見どころなどを紹介する。

鉄鋼ニュース
一覧を見る

訃報 ―おくやみ―

一覧を見る
  • 2019年10月11日 更新 向井 昭郎氏 (むかい・あきお=元東海カーボン取締役副会長)8日死去、94歳。  通夜は14日午後6時から、告別式は15日午前10時半から神奈川県横浜市青葉区青葉台2―18―6のセレモニーホール大成IIで行う。喪主は妻の純江(すみえ)さん。
  • 2019年10月10日 更新 神崎昌久氏 (こうざき・まさひさ=元中山製鋼所社長、元新日本製鉄〈現日本製鉄〉副社長)7日死去、89歳。  通夜、葬儀は遺族、親族のみの家族葬で行う。喪主は長男の昌平(しょうへい)氏。中山製鋼所ではお別れの会を検討中。  神崎氏は1995年に新日鉄から中山製鋼所常任顧問に就き、97年5月に社長に就任。2006年6月まで9年間務めた。この間、経営立て直しを目的に高炉閉鎖、生産設備の集約、新熱延工場の新設、転炉活用の冷鉄源溶解(中山式冷鉄源溶解法)の開始、新日鉄との連携によるNSボルテン、NS棒線の設立など抜本的な生産構造改革を実施。「微細粒熱延鋼板」の開発(大河内記念技術賞)にも寄与した。


Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.