Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

2017年02月01日 00:00更新

【アルミニウムチャイナレポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
〈アルミニウムチャイナ2016〉
 昨年7月に開催されたアジア最大級のアルミ製品展示会「アルミニウムチャイナ2016」は3日間の日程で、世界75カ国・地域から1万9530人の来場者し出典企業も400を超えるなど集めるなど盛況となった。来場者の3分の1は自動車メーカーであり、10分の1は運送・梱包関連だった。主催者のリード・エグジビジョン社は「来場者の8割以上が購買決定に重要な役割を持つ役職のメンバーが訪れた」と分析している。
レポートによると中国以外の国別参加者ランキングでは1位韓国、2位インド、3位日本、4位タイ、5位台湾だった。日本からはUACJや神戸製鋼所などの圧延メーカーが参加したほか、商社・流通のトップも足を運んでいた。
「2016アルミチャイナ弊紙掲載記事」(※画像クリックでPDFを表示できます)
鉄鋼新聞記事
「アルミニウムチャイナ2016レポートPDF(英語版)」はこちら

〈アルミニウムチャイナ2017〉
今年は7月19〜21日の3日間、前回と同じ上海新国際博覧センターで「アルミニウムチャイナ2017」が開催される。今回は特にマルチ材料・マルチプロセス・マルチテクノロジーを通じて「自動車の軽量化アプリケーション」をテーマに展示会を開催する。
また来場者へは情報収集の一助として現地企業への工場見学会を企画するほか、各種会議・セミナープログラムを用意する計画だ。
中国国際アルミニウム工業展覧会

製品・技術紹介おススメの新製品や最新技術などを紹介します

2019年05月22日 00:00更新

【アルミニウムチャイナレポート】

alu2019 lwa2019

 今年も上海でアジア最大級のアルミニウム産業展「アルミニウムチャイナ」が開催される。また昨年併催されたアジア自動車軽量化展も参加者からの好評を受けて、開催されることが決まった。中国や東・東南アジアをはじめとする世界各国から約2万人が訪れる同展示会の昨年度レポートを紹介するとともに、今年の見どころなどを紹介する。

鉄鋼ニュース
一覧を見る

訃報 ―おくやみ―

一覧を見る
  • 2020年09月29日 更新 伊藤 和徳氏 (いとう・かずのり=富永産業取締役相談役)9月24日午後6時34分死去、74歳。故人の遺志ならびに昨今の状況を鑑み、通夜および葬儀は26日、27日に近親者のみで行われた。
  • 2020年09月26日 更新 大橋徹郎氏 (おおはし・てつろう=元新日本製鉄副社長、元交通安全環境研究所理事長)17日死去、80歳。  葬儀は近親者で行った。喪主は妻の史子(ふみこ)さん。


Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.