Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2020/09/15 06:00更新

鉄スクラップ輸出入札、東西で高値落札続く。海外高がけん引、関西も2.9万円台

 東西の鉄スクラップ共同輸出入札で地場価格を大きく上回る高値落札が続いている。

関西鉄源連合会(会長・黒川友二扶和メタル会長)は14日、10〜11月積みの鉄スクラップ共同輸出入札を行い、5千トン(H2中心)の輸出を決めた。エムエム建材がトン当たり2万9310円で落札した。積み期は10月14日〜11月14日。今回の落札価格は関西地区電炉メーカー買値に比べ、おおむね3千円以上割高の

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.