Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2020/08/07 06:00更新

日本製鉄、軸受鋼線材の二次加工エキストラ引き上げ。「厳格品質・細径」などで採算悪化

 日本製鉄は、軸受鋼線材の二次加工製品(鋼線・磨棒鋼)の二次加工エキストラを見直す。

今月から顧客との交渉を開始する。軸受鋼の世界需要は中長期的に拡大する見通しだが、一方で軸受鋼線材二次加工製品の製造コストは品質厳格化、細径化などに伴い、ここ数年上昇してきた。特殊鋼棒線の中で特に採算の厳しい品種になっており、二次加工エキストラの本格的見直しに初めて踏み切ることを決めた。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.