Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2020/02/12 06:00更新

日本製鉄の設備休止、下工程も合理化で鋼材生産に影響。日新、唯一のEGL休止

 日本製鉄が先週7日に発表した設備休止では、下工程でも各所で合理化が打ち出された。各種鋼材への影響を検証した。

 高炉から熱延ミルまで全面閉鎖の方針が示された日鉄日新製鋼・呉製鉄所は年産300万トン規模。日新内の東予、堺、大阪製造所へホットを分譲する拠点であるとともに、特徴的な品種には自動車向けに使われるハイカーボン(高炭素鋼)材の母材が挙げられる。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.