Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2020/10/16 06:00更新

昭和電線ケーブルシステム、車載端子用銅線材に本格参入。高機能無酸素銅線を二次加工

 昭和電線ケーブルシステム(本社・川崎市川崎区、社長・川瀬幸雄氏)は2020年内にも車載端子用線材の事業に本格参入する。

柔軟性や導電率などに優れる高機能無酸素銅「MiDIP」製の線を外部の金属加工メーカーと連携し二次加工。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.