Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2020/08/07 06:00更新

三菱マテリアルの最終損益、通期100億円の赤字見通し。新型コロナで減販が響く

 三菱マテリアルは6日、未定としていた21年3月期連結業績予想を公表し、経常損益はゼロ(前期は496億1千万円)、最終損益が100億円の赤字(同728億5千万円の赤字)になる見通しだと発表した。

新型コロナウイルスによる減販影響を約1630億円と想定。営業利益ベースでは450億円の減益要因になると見込んだ。足元の需要縮小に対応し、固定費圧縮や変動費削減など約230億円の収益対策を実行することも決めた。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.