Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2019/05/16 06:00更新

神戸製鋼が中期計画見直し、「素材系事業の収益力強化」。今期は減益、経常益300億円へ

 神戸製鋼所は15日、2019〜20年度を対象としたグル―プ中期経営計画(中長期経営ビジョン・KOBELCO VISION G+)のローリング(見直し)を発表した。

将来的に素材系・機械系・電力の3本柱の事業体確立を目指す基本方針は堅持するとしつつ、19〜20年度の2年間は信頼回復に向けた取り組みの下で「素材系を中心とした収益力強化に加え、経営資源の効率化と経営基盤の強化」に取り組む。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.