Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2019/02/13 06:00更新

明賀・普電工会長「鉄筋需要、土木がけん引」。18年国内向け出荷、RC着工減も2.4%増

 普通鋼電炉工業会(会長・明賀孝仁合同製鉄社長)は12日、会長・副会長会議を開催し、2018年暦年の鉄筋用小棒の国内向け出荷量が前年比2・4%増の779万トンと2年連続のプラスだったことについて、明賀会長が「RC(鉄筋コンクリート)造の着工統計はどん底の悪さだったが、国内向けの鉄筋出荷は増加した格好だ。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.