Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2015/03/04 06:00更新

新日鉄住金、小倉の高炉休止。戸畑から溶銑輸送−新中期計画

 新日鉄住金は3日、2015〜17年度を対象とする新中期経営計画を発表した。鉄源工程の最適化では、15年度末に予定している君津第3高炉休止に続き、18年度末をめどに八幡製鉄所の小倉第2高炉を休止する。同所内の戸畑地区にある戸畑第4高炉の出銑を増やして小倉地区に輸送するほか、社内の他製鉄所から特殊鋼棒線用鋼片を供給する。小倉地区製鋼効率化も同時に行い、棒線品種の最適生産と競争力強化を図る。

 小倉地区では、特殊鋼棒線製品の生産は現状水準を維持する。製鋼効率化として、品質対応力・生産性で優位性のある第4連鋳機系列を活用。第3連鋳機系列は18年度末をめどに休止する。なお、溶銑の輸送線は私鉄道とトンネルによるもので、18年度中に設置する。
 新中期計画の数値目標は17年度に(1)売上高利益率(ROS)10%以上(2)株主資本利益率(ROE)10%以上(3)DEレシオ0・5程度―を目指す。なお、14年度見込みはそれぞれ(1)7・3%(2)6〜7%程度(3)0・7程度。
海外拠点の販売量/14年度比2割増へ
 鉄鋼事業では(1)国内マザーミル競争力の強化(2)グローバル戦略の推進(3)技術先進性の発揮(4)世界最高水準のコスト競争力の実現(5)製鉄事業グループ会社の体質強化―を進める。コスト改善では3年間をめどに年率1500億円以上(単独)を目指す。内訳は、統合効果のフル発揮600億円、体質強化投資の成果発揮等900億円。
 国内設備投資は現行中期よりも増やす。コークス炉等の大型設備更新などで年4500億円(3年で1兆3500億円)を計画する。事業投資は年1千億円(3年で3千億円)の投入枠を設定。研究開発費は3年で2100億円を見込む。採用は単独で年1300人。
 こうした一連の施策で「総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカー」実現を目指す。国内粗鋼能力5千万トンのほか、海外事業の収益拡大・戦力化を図る。海外拠点の販売量は、14年度比で2割増を目指す(1600万トンから1900万トンへ)。
 株主への配当還元は、連結配当性向を現行の「20%程度を基準」から「20〜30%を目安」へと引き上げる。
進藤社長/「国内マザーミルの競争力強化」
 会見した進藤孝生社長の発言要旨は次の通り。
 「技術、コスト、グローバルを進化させ、揺るぎない総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーを実現したい。国内マザーミルを強化する。海外収益は3年間で500億円増やしたい」
 「当社の国内上工程の競争力は世界最強だ。海外下工程展開では、現地パートナーの鉄源を活用し、過大な資産を抱えることなく海外事業拠点を成長させたい。海外パートナーがいることで、その地域特有のリスクも回避できる」
 「和歌山製鉄所では、現在稼働している第5高炉から、新第2高炉への切り替え事前準備を開始する。稼働時期は需要動向を踏まえて判断する」
 「当社とグループ会社、グループ会社同士のシナジーを追求する。さらなるグループ内再編や、選択と集中を進めていく」
 「現行中期は順調に進み、目標をおおむね達成。一部は超過達成をある。もう少し目標を深掘りして、統合を進化させていくため、新中期を策定した」
 「今の力は総合力ナンバーワンの領域に入っているが、昨年は名古屋の生産トラブルもあった。強みと自負していたマザーミルの製造実力を謙虚に見直す必要がある」
 「小倉の高炉を休止する代わりに、戸畑の高炉出銑量を10%アップする。室蘭から特殊鋼用鋼片を供給する。今はそれほど強くない小倉の競争力を、飛躍的に高める狙いがある。君津と同様、出銑比を上げていく」

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.