Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
  • RSS

鉄鋼ニュース

2014/01/16 06:00更新

新日鉄住金、中国でCIMC社・宝鋼と厚板加工合弁

新日鉄住金は、中国の大手コンテナメーカー、中国国際海運集装箱(集団)股フン有限公司(通称・CIMC)や宝鋼集団系の商社、日鉄住金物産、朝陽貿易(本社・東京都千代田区)とともに、中国で厚板加工事業に乗り出す。CIMC社が過半を出資し、ジャッキアップリグなど海洋構造物向けの厚板溶断加工を手掛けるもの。新日鉄住金が10%、日鉄住金物産が5%、朝陽貿易が10%と、日本3社で25%を出資する。

合弁会社の社名は「煙台鉄中宝鋼鉄加工有限公司」で、中国北部の山東省煙台市に立地する。すでに中国当局から会社設立の許可を得ており、きょう16日に、第1回董事会を開く。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.