もともと薄板シャー・スリット業だった大槻商店(社長・大槻功氏)が「プレス」「板金」を手掛けるようになったのは、今から10年前に当時のメイン取引先だった金属座金製造業「マツトモ」の廃業に伴い、その一切の事業を継承したことがきっかけ。その3年後には板金部門から撤退した三機製作所の事業を引き継ぐ。「マツトモ継承」選択 話は、リーマンショック後の世...