関西地区の薄中板市況は、荷動きの低迷および新型肺炎の感染拡大などを背景に、ジリ安基調が続く。在庫過剰感もいまだ解消されておらず、「強気材料が見当たらない」(コイルセンター)という状況に陥っている。 足元のコイルセンター(CC)置き場渡しの定尺品販価は中板(無規格材)でトン当たり6万7千~8千円、冷延薄板で8万円前後、電気亜鉛めっきで9万円前...