日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は27日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることに関連し、中国で鋼材在庫が積み上がっていることに触れ、「中国の在庫状況を注視していく必要がある」と指摘した。市場では、新型ウイルスによる経済への影響が見通せない中で、中国の鉄鋼生産が高水準に推移している点への警戒が強まっている...