われわれが使うカラー鋼板やダクト材などの建材薄板は建築工事でも後工程となるが、前工程の躯体工事に使われる鉄筋、鉄骨とも動きはよくないと聞いている。例年は年度末に向けて需要期となるが、今年は東京五輪の開催に向けた規制などもあり、荷動きは盛り上がりを欠いている。 需要は低調だが市況は底割れ感に乏しい。生地材などは安価な輸入材流入が増えているが、...