関東地区は亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品類ともに横ばい。 亜鉛めっき鋼板類は、物流施設など非住宅向けのカラー厚番手が既存案件向けに荷動きは底堅いが、住宅向けのカラー薄番手は精彩を欠いている。今秋の消費税増税に向けた駆け込み需要では、新築住宅が少しずつ動き始めているが、新築の屋根は窯業素材のシェアが高く表面処理鋼板の比率は低い。 一方、補修向...