今週の東北地区一般鋼材市況は現行値圏を強含み横ばい調。 店売り定尺は地場中小建築物件の動きが鈍く、足元の出荷量は総じて振るわない。春先物件の見積もりは出始めているが、高力ボルトの品薄感や人手不足などを要因に建て方着手の工程も流動的で納期がはっきりしない案件も散見される。 一次加工を絡めた出荷は山積みの高い地元ファブリケーターからの加工依頼を...