日本金属(社長・下川康志氏)は29日、耐圧性に優れるステンレス精密管「ファインパイプ」と耐薬品性を有する樹脂との複合パイプを開発し、生体物質、医療用などの分析機器向けに採用されたと発表した。具体的には高速液体クロマトグラフィー(HPLC)用カラムに採用された。巴製作所(本社・兵庫県尼崎市)がHPLC用空カラムに加工し、分析機器メーカーに供給...