EV普及の加速感が市場に出ている。グローバルでのレシプロエンジン車の需要は足元では底堅いが、電池生産能力の増強や軽量化技術の進展などをとらえ、トヨタ自動車など日本の自動車メーカーでは、2021年を普及が進むポイントとみているようだ。