中部鋼鈑(社長・太田雅晴氏)は連結経営を強化する。2017年度の投資案件の目玉として、子会社であるシーケークリーンアド洗浄工場新築工事および本社工場の受電所コンデンサーおよびリアクトル更新など、計4億5千万円強を実施する見通し。前年度は電気炉集塵機および加熱炉の省エネ化などで約4億円を投資したほか、子会社への投資も継続的に実施している。