Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017年07月13日のヘッドライン

2017年07月13日 06:00更新

関東の電炉小棒メーカー、鉄筋販価6万円台へ売り腰再び強化

 関東地区の電炉小棒メーカーが鉄筋棒鋼の販売価格をトン6万円台に引き上げるため、再び売り腰を強めている。主原料である鉄スクラップ価格の上昇に加え、電極や耐火物など資材価格も高騰。電気料金を含めコスト高が目白押しだ。一方、中国での「地条鋼」全廃を受けてアジアにおけるビレットや鉄筋棒鋼の価格が大幅に上昇。輸出に採算メリットが強まっている。東京五輪関連を含め秋口から需要が期待される中、関東のメーカー各社は下期の資材調達やコスト高に大きな不透明感を抱えており、再生産可能な販価の実現に向け、従来の流通主導による安値受注には応じない姿勢を鮮明にしていく構えだ。

2017年07月13日 06:00更新

愛知製鋼、サーボ式プレスライン稼働。次世代自動車向け高機能鍛造品開発へ

 愛知製鋼(社長・藤岡高広氏)は12日、国内鍛造品メーカー初となるサーボ式プレスラインの導入工事が完了した、と発表した。HV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)など自動車の電動化による機構変化に対応した鍛造技術を開発する。実験工場(愛知県東海市)に設置し、投資金額は6億円。

2017年07月13日 06:00更新

鉄スクラップ電炉購入値、関東で1000円続伸

2017年07月13日 06:00更新

扶桑鋼管、韓国でクロモリ鋼管・ハイテン鋼板など在庫販売

 鋼管特約店の扶桑鋼管(本社・千葉県浦安市、社長・江村伸一氏)は、韓国でクロムモリブデン鋼鋼管、ハイテン鋼板、耐摩耗鋼板の在庫販売を開始した。現地の既存需要家向けに、ジャスト・イン・タイムのデリバリー体制を強化する。

2017年07月13日 06:00更新

JFE西日本・弟子丸所長、17年度粗鋼「2000万トン超え狙う」

2017年07月13日 06:00更新

本紙調べの主要鋼材販売状況、6月は増加傾向

2017年07月13日 06:00更新

製鋼スラグの藻場造成、実証調査で効果確認。新日鉄住金が全面協力

2017年07月13日 06:00更新

「新部門長」〈三井物産スチール・厚板鋼管部門の橋常務〉=「質と量の向上図る」

2017年07月13日 06:00更新

「新会長に聞く」〈特殊鋼倶楽部・石黒武氏〉=「特殊鋼の重要性」広める

2017年07月13日 06:00更新

東京市場=平・角鋼は荷動き精彩欠き辛もち合い

« 翌日   |  前日 »

過去記事検索
過去記事検索



Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.