Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ
検索フォーム

  • RSS

鉄鋼ニュース

2014年04月23日のヘッドライン

2014年04月23日 06:00更新

普通鋼鋼材輸入、1〜3月期急増も4月以降は急減へ

今年1〜3月の普通鋼鋼材輸入量は約140万トンとなる見込みで、年換算で550万トン前後、前年比3割増の超ハイペースの輸入量になりそうだ。財務省が発表した3月の全鉄鋼輸入量は約85万7千トン。今年1月とほぼ同水準であり、普通鋼の輸入量も扱い筋から「1〜2月と同水準になる」との声が聞かれ、1〜2月と同水準になる見込み。そのため、1〜3月の普通鋼鋼材輸入量は年率で500万トンを大きく上回ることになる。しかし、主要ソース2社の韓国・ポスコ、台湾・中国鋼鉄(CSC)の今年の販売計画や対日販売姿勢を考えると、このペースは続きそうになく、4月以降は輸入量が急減する公算が高い。

2014年04月23日 06:00更新

「トップインタビュー」〈東京製鉄・西本社長〉=需要見合いで採算確保

2014年04月23日 06:00更新

経産省、「省エネ補助金」の追加適用基準決定

2014年04月23日 06:00更新

韓・現代製鉄、ハイスコの冷延事業吸収で日本での営業強化

2014年04月23日 06:00更新

メタルワン・スチールサービス、薄板建材の市場シェア拡大目指す

コイルセンター大手のメタルワン・スチールサービス(社長・亀川洋介氏)は、薄板建材マーケットにおける販売シェア拡大に力を注ぐ。東西に展開する営業・加工拠点の機能を駆使するとともに、メタルワングループとも連携・協業して市場開拓するほか、薄板建材製品など新アイテムも商材に加える。今期は年間取扱量50万トン(前期は45万4千トン)が定量目標だが、このうち薄板建材扱い比率を4割(前期は3割強)に引き上げる狙い。

2014年04月23日 06:00更新

ヤマトスチール、H形鋼の5月出荷価格据え置き

2014年04月23日 06:00更新

日鉄住金建材、今期の高強度コラム販売を2.5倍目指す

日鉄住金建材(社長・増田規一郎氏)は22日、13年度から本格販売を開始した高強度・高性能ロール成形コラム「UBCR365」の採用件数が昨年度に約50件、年間販売量4千トンに達したと発表した。柱・梁のサイズダウンと重量低減により大幅なコストダウンが可能で、市場での評価が急速に高まっている。今年2月にはベターリビングから構造評定を取得し、接合時に必要なダイアフラムにSN490Cが使用できるなど従来品と同様の施工性と容易な調達を実現した。今後、積極的に拡販し、今年度は2・5倍以上となる年間1万トン強の販売を目指していく方針。

2014年04月23日 06:00更新

「新社長」〈黒崎播磨・伊倉信彦氏〉=製造実力向上に挑戦

2014年04月23日 06:00更新

サンドビック、スチールベルトの生産能力3割拡大

2014年04月23日 06:00更新

東京市場=SC材は、荷動き変わらず横ばい基調

過去記事検索
過去記事検索 日  



Copyright 2008 japanmetaldaily All Rights Reserved.