Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017/06/15 06:00更新

日本冶金工業・川崎製造所、厚板プレート圧延を再開

 日本冶金工業は14日、5月14日に火災が起きた川崎製造所・熱延工場について、13日未明に粗圧延機の操業を再開し、厚板プレートの圧延を再開したと発表した。これまでの公表では7月初旬の予定としていたが、前倒しで復旧作業を進めた。仕上げ圧延機を含めた全面的な操業再開時期は10月中旬予定で変更していないが、早期復旧に努める。

 熱延工場の一部操業再開と同業他社からの代替生産への協力により、一部を除く大半の製品について火災前の水準までの生産回復にめどが立ってきたことも明らかにした。受注、納期などの対応については引き続き個別に顧客と相談していく。
 日本冶金・川崎はステンレス薄板の国内需給バランスを支える役割を果たしてきただけに、熱延工場休止が需給バランスに及ぼす影響が懸念されてきた。7月にかけて需給ひっ迫感が高まることは必至だが、その後の需給バランスは適正化に向かうとみられる。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.